施術について

治療が上手くいかない理由は、知識不足。

私は治療家になって10年ほどですが、セミナーや大学で講義を行っていました。

セミナーの受講生や大学の学生から、

「こんな症状はどうやって治療すればよいですか?」

という質問をたくさん受けていました。

それに対して、「しっかりとした基本的な知識を持っていれば、自ずと治療法はわかります」と言っていました。

 

例えば、左手の小指を傷めた場合、どうやって受傷したのか?どの動作で痛いのか?という状況がわかれば、どこを治療すれば症状が改善するのかすぐにわかります。

それがわからないのは、知識不足としか言いようがありません。

世の中にはいろいろな施術のテクニックや理論が存在します。

たくさん存在しますが、最低限、解剖学的な構造(筋肉、支配神経(感覚・運動))などを理解していれば治療は行えます。

治療は技術よりも基礎知識がとても大事と言うことです。

基礎知識を得た上でさらに治療のレベルをあげることで、その場で症状を改善できる治療家になることも可能です。

今日はその場で症状を改善できる少し上の治療家になれる方法を紹介します。

インプットする

解剖学なり、基本的な整形学的疾患などの情報は、ひたすら勉強して知識をストックしていくことが必要です。

しかし、ただ知識をインプットするだけでは治療に活かすことはできません。

どうすれば学んだ知識を治療に活かせるようできるかを考える必要があります。

時には、こんなものを勉強しても仕方がないと思うかもしれません。

そんなときは、角度を変えて考えてみましょう。

例えば筋肉を考えるとき、正面から筋肉をイメージしたのであれば、今度は後ろから、次は斜めから。

と言う風に、いろいろな角度から筋肉を考えていきましょう。

「上腕二頭筋の緊張が高まると上肢はどのような動きが起こり、どこの骨にどの方向に負担がかかるのか、痛みが出るのか」を考えてみる。

「神経であれば、筋肉の間を通る部分、狭窄されやすい部分はどこなのか?この神経が圧迫されるとどこに障害が起こるのか?」を考えていく。

1つのモノとして勉強するのではなく、いろいろな動作、実際の臨床のことも含めてインプットすることで、どんな症状にも対応できる良い治療家に近づくことができます。

アウトプットする

知識を覚え、自分のモノにするために一番重要なことは、誰かに伝えることです。

だれかに伝えることで、あなたの頭の中が整理され理解がさらに深まり記憶されます。

友人でもいいですし、実際の患者さんに、こういう状況でこんなことが起こっているから痛みが出るんですよーっと説明するだけでも素晴らしいアウトプットになります。

アウトプットすることであなたの理解が深まるだけではなく、患者さんからも信頼されるようになるので一石二鳥です。

最初のうちは間違ってもいいので、自信を持ってアウトプットすること。

やっているうちに慣れてきます。

シュミレーションする

一番重要になってくるのは、シュミレーションすることです。

人の体は、どのように受傷したのかによって痛みが出る部分、痛む動きが違います。

だから、後ろに手をついて倒れたらどこに一番力がかかりどこに痛みが出やすいか?などを考えられるようにすることが必要です。

普段からそういう考え方をしていると、受傷の状況を聞いた瞬間に、あの骨があっての方向に動いてあの筋肉が過緊張を起こしているから痛みが出ているはずと予測を立てることができます。

予測を立てることができればそれが本当にそうなのか確認し、自分の予測が正しければそのまま施術を行えばいいだけです。
もし予測と違えば、他のことを考えて確認する。

それの繰り返しで症状を簡単に改善させることが可能です。

はっきり言いますが、準備もなく人を治すことはできません。

どんな症状の人が来ても対応できるように、治し方をシュミレーションしておくとどんな症状も自信を持って対応できます。

 

人に聞く前に自分で考える

ここまで知識をつけて自分で考えられるようになると、最初に書いた、

「こんな症状の場合はどうやって治療するのですか?」

と言う質問は自分の中で解決できてしまいます。

そのため、そんな質問が来ることもなくなります。

質問が来るとすれば、

「受傷機転から○○と考えて検査をしたら、やっぱり○○骨がずれて○○筋が緊張していたので治療してみたのですが、あまり上手くいきませんでした。なにか足りないことはありますか??」

という具体性の高い質問になるはずです。

質問をする前に自分で考える人がいい治療家になるための近道です。

 

最速で治療技術を身につけるたった一つの方法治療家として生きていく中で、 「手っ取り早く治せる技術を身につけて人を治したい!」 と、誰しもが一度は思うのではないでしょう...

https://ishikawa-clinical.com/treatment-by-self-study-master-study-method-summary/

https://ishikawa-clinical.com/to-imitate/