施術について

専門学校に在学中から治療で稼ぐ方法

専門学校や大学(柔整、鍼灸、理学療法)に在学中で、将来開業を目指しているのであれば、在学中から治療で稼ぐことをおすすめします。

在学中だし資格持ってないから無理。」と思われるかもしれませんが、治療をする上で資格はそんなに重要ではありません。

知識と技術さえあれば整体師として活動することができます。

絶対に柔道整復師や鍼灸師などの国家資格が必要なわけではありません。

でも、資格がないとやっぱり不安と言うのであれば、一日で取得可能な民間の整体師の資格を取れば、整体師を名乗ることが可能です。

私は現在、鍼灸師柔道整復師という免許を持っていますが、資格を使わず整体院を開業しています。

健康保険を使っていませんし、鍼灸治療も行っていません。

整体師を名乗り施術を行っています。

大学在学中からも、資格はありませんでしたが、友人の紹介や家族の紹介でいろいろな人を治療してお金をいただいていました。

その頃はそんなに技術もなかったので時間がかかったり、治せないことも多かったですが、

お金をいただきながら練習ができて本当によかったなと思います。

だからそんなに難しく考えず、“現時点で提供できる最高のものを提供する”ことができれば、患者さんも納得します。

今はレベルが低くてもいいから、とにかく1番最初にやってみることが重要です。

リスクは高くない

新しいこと、特に周りの人がやっていないことをやろうとするとリスクが高いと言って行動を起こせない人がいます。

でも在学中に治療で稼ぐと言うことは、本当にリスクが高いのでしょうか?

資格を取るために専門学校や大学に通って年間何百万円、卒業する頃には結構なお金を使うわけです。

社会に出て働いて、それを本当に回収できますか??

鍼灸師や柔道整復師の平均年収は、平社員で年収240〜360万、雇われ院長クラスで年収300〜500万、マネージャークラスで400〜700万くらいです。

平社員のセラピストとして働いている限りは、資格取得にかかったお金を回収することは不可能です。

それどころか、先細りの業界なので、本気で知識や技術を身につけることができなければ、これからこの業界で食べていくことは難しいでしょう。

だから資格取得のために専門学校や大学に入学した時点で、かなりのリスクを負っているのです。

それに比べたら在学中に治療を始めるなんてノーリスクだと思いませんか?

むしろリスクを減らす効果があります。

「治療します!」っていって治せなくても、患者が全然増えなくても辞めたら良いだけです。

失敗したことは誰にも知られていないわけだから、そのままひっそり辞めてしまえば、何も始まってない元の状態に戻るだけ。

恥ずかしくもなんともありません。

むしろ上手くいけば経験もつめるし技術も磨けるし、開業するときの基盤も作れるからいいことしかないと思うんです。

コンビニでアルバイトは最悪

学生がお金を稼ぐというと、コンビニや飲食店などでのアルバイトを思い浮かべるかもしれませんが、

治療家になりたいと言う人にとって、全く関係のない職種でアルバイトに明け暮れるのは、時間のムダでしかありません。

確かに、バイトに入れば入った分だけのお給料は保証されます。

しかし、あなたの時給は1000円程度で適正ですか??

時給1000円ほどなら、自分の時間の価値を上げるために治療の勉強をして、知識と技術を身につければ、アルバイトの日給を数時間、数十分で稼ぐことも可能です。

目先のお金を追いかけるのは得策ではありません。

整骨院のバイトも得策ではない

整骨院のバイトなら経験も積めるしいいでしょと思うかもしれませんが、働く場所によります。

バイトを雇う多くの整骨院で、いい技術のところはありません。

自分のやりたい治療ができるのであればいいと思いますが、

ただ単に患者にマッサージしておいて。と言うような整骨院であれば、そんなところで働かず、勉強をするべきです。

セミナーなどに参加して治療の知識と技術を身につけた方が明らかにいいでしょう。

しかも時給も高くないのにアリのように働かされます。

アルバイトなどの労働は、あなたの大切な時間と引き換えに報酬を貰うというシステムですので、いくら技術が身についても、知識が増えてもいつまで経ってもコキ使われます。

今自分に必要なのは何なのか?

お金なのか?時間なのか?技術なのか?遊びなのか?

一人一人違うと思いますが、その辺を考えていくと、今やるべきことが見えて来るはずです。

自分で稼ぐ力を身につける

自分の力で稼ぐことができる人は、とても強いです。

自分の力で稼ぐということは、アルバイトや社員になって稼ぐと言うことではありません。

アルバイトや社員は会社の看板で得たお金を、あなたの貴重な時間と引き換えにお金が払われているだけです。

あなたの力で稼いだわけではありません。

自分の力で稼ぐと言うことは、あなたに依頼があり、あなたが施術を行いお金を受け取ると言うことです。

若いときから自分で稼ぐということを経験している人は、社会に出て働き始めるときも、開業するときに強い武器になるでしょう。

在学中からセミナーに参加する

とは言っても、”治療でお金を稼げるほど知識も技術もないわ”と言う方は、本を読んだりセミナーに行ったりしましょう。

勉強の仕方、技術の身に付け方は以下の記事をどうぞ。

https://ishikawa-clinical.com/to-imitate/

https://ishikawa-clinical.com/treatment-by-self-study-master-study-method-summary/

https://ishikawa-clinical.com/the-future-is-bright/

なかなか在学中からセミナーに参加するというのはイメージできないと思いますが、

セミナーには、医学的知識のない素人のような人や多くの学生さんが参加されていますので安心してください。

いろいろなセミナーがたくさんあり、どんなセミナーに行けばいいかわからないと思います。

基本的には、あなたが学びたいモノ、興味関心があるモノに参加するのが一番です。

ただ、やはり、いいセミナーと悪いセミナーがありますので注意をしていただけたらと思います。

いいセミナーと悪いセミナーの見分け方は、講師がその場で結果を出しているかどうか?です。

上手な治療家であればその場で症状を取ることはそんなに難しいことではありません。

だから、その場で結果を出せる人のセミナーはいいセミナーであることが多いです。

患者集めはネットを活用する

治療がある程度できるようになってきたら、実際に患者さんを探さなければいけません。

知り合いの紹介が一番いいですが、現代社会ではだいたいはネットの集客になります。

ブログ・ホームページ SNS(twitter,instagram,face book)などがメインです。

ブログもホームページも今では簡単に作れるので、自分で作ってみるのもいいと思います。

https://ishikawa-clinical.com/three-reasons-to-make-your-own-website-yourself/

SNSですが、

治療というと写真ではいまいち何をやっているのか表現しにくいのでどう表現するかが大きな課題ですが、

SNSで治療や、治療の世界観を表現できると集客にとても有利です。

SNSは集客したい客層に合わせて使い分けることをおすすめします。

例えばツイッターであれば年齢層が低めですので、実費の治療などの集客は見込めません。

しかし、拡散力は一番ですので、自分の考えを発信するのには適しています。

フェイスブックであれば、中高年の方が多いので集客が見込めますが、

少しうさんくさくなりやすいので、発信の仕方には十分注意してください。

Instagramは治療の世界観を表現できればすごいスピードで拡散していきます。

まとめ

何事もやってみることが大事です。

少しでも悩んでいるのなら、早くはじめてみましょう。

何事も一歩踏み出すことが大事です。

https://ishikawa-clinical.com/risk-does-not-act/