施術について

結果を出すためにはフェーズで考える。

誰しもが患者さんをよくしたい、治療がうまくなりたい、お金を稼ぎたいと思っていることでしょう。

でもそのためには何が必要か?

それはもちろん治療の知識と技術。

これがなければ、一生かかっても人を治すことなどできません。

しかし、すぐに人を治せるようになるのは難しいですが、ポイントを抑えて仕事をすることで、誰でも結果を出せるセラピストになることができます。

結果を出せるセラピストになるために

それは、どんなときもフェーズを考えて行動すると言うことです。

今、初めて習ったテクニックを使って、すぐに治療効果を出せる人はそういません。

実は私は、いろいろなセミナーに行ってテクニックを教わってもうまく使えず、使わなくなったテクニックがたくさんあります。

それは本当に結果のでないテクニックだったのか?

いいえ違います。

私が使えるようになるまで練習しなかったから使えなかっただけです。

もし講師が結果を出していて自分が結果を出せないのであれば、

それは自分自身の問題。

だから練習をしなければいけません。

しかし、ただ練習をするだけではとても上手くなりません。

フェーズを意識する

最短で上手くなるためには、フェーズを意識した練習が必要不可欠です。

例えば、

フェーズ1,形を覚える

フェーズ2,形に慣れる

フェーズ3,感覚を覚える

フェーズ4,感覚に慣れる

フェーズ5,形と感覚の精度を上げる

フェーズ6,呼吸をするかのように自然に使いこなす

少なくともこのくらいの課程は必要です。

これを無視して、形だけを知って使えるつもりになっているだけではなにも上達しません。

これは治療に限ったことだけではなく、上手くなるためには、結果を出せるようになるためには、フェーズが必要なのです。

それさえ意識することができれば、最短で高度な技術を身につけることも可能となります。