不眠

ビタミンB12などの「快眠サプリメント」は就寝の2~3時間前に取るべき理由

不眠に効く栄養素として知られるビタミンB12は、

私たちが普段の食事で食べている レバーや卵、豆類などにも豊富に含まれています。

このビタミンB12 は、神経安定作用のある神経伝達物質セロトニンの産生に作用している栄養素で、不眠の改善にも効果的です。

また、ねぎ、玉ねぎ、にら、にんにくなどの香味野菜に含まれる香り成分の硫化アリルは、自律神経を安定させる作用があります。

だからギョーザやレバニラなどはビタミンB12と硫酸アリルを効率良く摂取できる最強料理です。

不眠にお悩みの人は召し上がってみてください。

栄養素だけではなく規則正しい食事も大切です。

遅い時間に夕食をとると睡眠時に消化するために内臓が働くので眠りを妨げてしまいます。

少なくとも睡眠前2~3時間の食事は避けましょう。

食事だけでなくサプリメントも寝る2〜3時間前に飲むのがおすすめです。

シナモンミルクで不眠を改善こんにちは、不眠セラピスト石川です。 寝る前にはホットミルクを飲むとよく眠れると言われていますが、寝る前のホットミルクで睡眠の質が...
辛い、すっぱい、にがいで自律神経を整えよう仕事で多忙な日々が続いたり、悩みがあったりすると交感神経は緊張します。 自律神経失調症を改善するためには、交感神経を興奮状態にさせ...