不眠

10歳若返る秘訣は睡眠にあり

こんにちは、石川です。

人間の永遠のテーマである美と健康。

健康に美しく保つためには、睡眠は不可欠です。

睡眠不足で肌が荒れてしまったり、顔が老けて見えたりした経験があるのではないでしょうか?

しっかりとした睡眠を取ることで10歳若く見られるようになることも可能です。

今回は睡眠で最大限若返る方法を解説していきます。

美容の秘訣はホルモンにあり

睡眠中にはいろいろなホルモンが分泌されます。

中でも美容に関係するのが成長ホルモン。

成長ホルモンは体の発達や新陳代謝に関係しており、肌の皮膚細胞の再生にもとても関係しています。

寝付いてから3時間の深い睡眠の時に多く分泌されると言われていて、ターンオーバー、肌荒れ防止のためにもぐっすりと眠ることが大切です。

また、やる気を起こしたり、免疫を促進したりする働きがあるコルチゾールというホルモンも睡眠中に分泌されます。

そのため、睡眠がしっかりとできないと人間らしくイキイキと生活することが困難になるのです。

イライラは美容の大敵

顔は心を映し出す鏡でもあるため、いつまでもキレイでいるためには笑顔でいる必要があります。

睡眠には脳を休息させる役割があります。

睡眠が不足すると、脳の機能が低下してしまい、意欲ややる気が亡くなってしまうのです。

それだけではなく、自分の感情をコントロールできなくなってしまい、常にイライラしたり、悲観的になったり明るいことを考えることができなくなってしまいます。

自分の感情だけでなく、他人の感情を読み取ることができなくなるため、人間関係に影響を与えてしまうのです。

イライラしてストレスが増えるとストレスホルモンが増加して甘い物が食べたくなります。

それも美を遠ざける原因になります。

睡眠不足は肥満の原因に

これは広く知られていることですが、睡眠不足が続くと肥満になりやすくなります。

睡眠不足によって、満腹中枢が上手く機能しなくなります。

脳からの「お腹がいっぱい」という情報が減り、「お腹がすいた」と言う信号が増えてしまうのです。

そのため、満腹を得られるほど食べ過ぎてしまい、カロリーの摂取量が増え体重が増加します。

睡眠不足の方は、炭水化物や糖分などを必要以上に欲して食べてしまいがちです。

それも睡眠不足による体重増加の原因になります。

まとめ

慢性的な睡眠不足は体に想像以上の悪影響を与えます。

特に美容には大敵です。

ただ、ここでいう睡眠不足とは睡眠時間ではありません。

“睡眠の質”です

どんなに長く寝ても、睡眠の質が悪ければ美容にはいい効果は出ません。

睡眠時間には個人差がありますので、自分に合った睡眠時間を確保して質の高い睡眠を取るように心がけましょう。